Google Appengine 1.3.8 がリリースされました!

今回のリリースは、いろな面白い機能が入ってきた。

ハンドラー

appstats や、データストアの管理画面、リモートAPIのハンドラーが簡単に設定できるようになりました。

builtins:
    datastore_admin: on
    appstats: on

管理画面の改善

" エンティティタイプのすべてのエンティティを削除したり、データストアを完全にクリアすることができるようになりました。データストアのクリアは datastore_admin のハンドラーを有効しないといけません。データの削除はクオータを使いますので、ご注意ください。 * 管理画面から、タスクキューに入っているタスクをすぐ実行でくるようになりました。

マルチアカウント

" マルチアカウント認証を使えるようになりました。 複数の Google アカウントでログインできるようになりました。 Appengine のサイトにアクセスすると、どのアカウントを使うかを選択するようになります。

雑多な改善

  • 画像API の execute_transforms() 関数で、 JPEG画像の質を指定することができるようになりました。
  • queue.yaml で、バケットサイズは最大件数は 100件 になりました。
  • プレコンパイルはデフォールトに有効になりました。無効にしたい場合は、 --no_precompilation オプションを指定すれば、無効にすることができます。
  • zigzag merge-join クエリーの制限を外しました。 したがって "The built-in indices are not efficient enough for this query and your data. Please add a composite index for this query." というエラーが出る可能性が低くなりました。

リリースノートはこちら: http://code.google.com/p/googleappengine/wiki/SdkReleaseNotes

ダウンロードはこちら: http://code.google.com/intl/ja/appengine/downloads.html