PyconJP

スタッフとして、楽しい楽しいPyconJP に参加しました。 今回、約200人の Python プログラマーを集めることを成功しました。 本当に Python に興味がある方がいっぱい来てくれて、楽しくて、素晴らしいイベントができました! 嬉しかったです。 皆さんのお陰で、楽しいイベントが開かれました。 本当にありがとうございます!

Python のコミュニティが日本ではまだ小さいと感じていましたが、今日、 たくさんの開発者がいましたし、日本のPython界はたくさんの人がいると PyconJP 2011 で始めて感じていました。海外の方もいらっしゃいましたし、これからも、 もっと大きい規模で、もっと国際的、もっと日本人エンジニアの素晴らしさを 世界に見せるようなイベントができればいいなと思っています。

僕はスタッフとして、努めていましたが、全然偉い人ではありません。 僕はスタッフの偉い人たちのお陰で、皆さんが集まるチャンスができました。 役に立つイベントは発表者のお陰です。そして、楽しいイベントができたのは 参加者の皆さんのお陰だと思っています。

今回の PyConJP の経営がうまくできたのは運営チームの座長、寺田さん (@terapyon)、そして、副座長の 増田さん (@whosaysni)と清水川さん (@shimizukawa)、そして、 副座長っぽい鈴木さん (@takonory) の力のお陰でした。 Python コミュニティのためにすごく頑張ってくれて、 素晴らしい方々です。

最後にですが、僕はスタッフとして、そして、発表者として、参加しました。僕の発表は 英語トラックの「Asynchronous Python Programming」という発表をさせて 頂きました。自分で見ると下手くそうに見えて辛いのですが、以下の動画は UStream でとられたものです。

私の発表のスライトはこちら: http://ianlewis.bitbucket.org/pyconjp_2011_slides/template/index.html

皆さん、どうもありがとうございました!