JSON schema proposalの実装した典型的javascript validatorを試してみとうと思って、Pythonのインタラクティブシェルみたいなjavascriptインタラクティブ インタープリターを使いたいとさらに思って、以前に使ってたBobさんのMochikitインタープリターをまた取り出した。

このインタープリターは Mochikitのいじりにすごくよかったけど、一般的なjavascriptをいろいろ試してみたいから、一般urlからインポートできるように、簡単な関数を作った。importjs(url)でどこからでも、javascriptをインポートして、インタラクティブシェルで直接触るようになった。コードは以下のよう

function (jssource) {
  importdiv = DIV();
  importdiv.innerHTML = "Importing " + jssource + " <script type='text/javascript' src='" + jssource + "'></script>";
  writeln(importdiv);
}

僕の修正したバージョンはこちら

結局、json schema validatorを試してみたら、うまく動かなかった。

test = "blah";
schema={"type": "integer"};
JSONSchema.validate(test,schema).valid

という風に入力しても、true が出た。orz