あるプロジェクトの依存は特定なバージョンじゃないとダメな場合が結構多いと思いますけど、最近、pythonの仮想環境を簡単に作れるようになりました。virtualenv と virtualenvwrapper と pip の組み合わせを紹介します。

virtualenvは環境を作ってくれるライブラリで、virtualenvwrapperはその作った環境を簡単に管理してくれるツールになります。

まず、virtualenv と virtualenvwrapper をインストール.

easy_install virtualenv
easy_install virtualenvwrapper

これで、virtualenvwrapperのコマンドを使うには、bashスクリプトを設定しないといけない。以下の行を .bashrc に追加

export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
source /usr/local/bin/virtualenvwrapper_bashrc

Note

Update: virtualenvwrapper 2.0+ の場合ですと、Bash 意外の端末シェルにも対応しているので、 virtualenvwrapper_bashrcvirtualenvwrapper.sh にかわりました。 PATH には入るので、

export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
source `which virtualenvwrapper.sh`

.bashrc に追加してください。

コンソールを再起動して終わり。仮想環境を作りましょう。

mkvirtualenv myproj

これで、プロジェクトの仮想環境ができました。 これで、pythonのバージョンも確定し、仮想環境にインストールするライブラリのバージョンも確定になる。mkvirtualenvを実行すると、作った環境に入る。また、次に使う時は workon myproj を実行して、環境に入る。

しかし、よく使われてるeasy_install は virtualenv と連携できなくて、どうしても、システムのpythonディレクトリにパッケージをインストールしてしまう。

pip が助かる

easy_install が簡単すぎて、分けわかんないメッセージも出したりして、virtualenvと相性悪くて、何とかできませんか?って話があったきかっけ、pipが生まれた。pipをインストールすればvirtualenvにすいすいとパッケージをインストールできる。virtualenvを使っている間にインストールする。

wget http://pypi.python.org/packages/source/p/pip/pip-0.4.tar.gz
tar xzf pip-0.4.tar.gz
cd pip-0.4
python setup.py install

Note

Update: pipはちゃんと、virtualenvに入ってくれるので、easy_install でもインストールできる。

workon myproject
easy_install pip

Note

Update: pip をグローバルにインストールしたい場合は、環境変数 PIP_RESPECT_VIRTUALENV を設定すると、今使っている virtualenv を pip も使ってくれる。

export PIP_RESPECT_VIRTUALENV=true

pip -E でも、virtualenvの環境パスを指定できます。

pip -E /path/to/my/virtualenv install mymod

これで、pip が仮想環境にインストールする。これから、pip install で仮想環境にパッケージをインストールできるようになった。それで、プロジェクトに必要なパッケージをインストールし、pythonのsite-packagesが汚くならないので、安心