Google Appengine 1.4.0 がリリースされました!! このリリースはかなりでかい!! チャンネルAPI, "Always On" (リザーブインスタンス)、タスクキューの正式リリース、スタートアップリクエスト、バックグラウンド処理の改善などなど、

チャンネルAPI

まずは、一番重要なチャンネルAPI。チャンネルAPIでクライアントブラウザーにプッシュすることができるようになります。内部的には、Google TalkXMPP インフラを使っているらしくて、それでスケールアウトしてくれます。チャンネルAPI は2つの部分がに分けています。 サーバー再度のチャンネルAPI と チャンネルAPI の Javascript ライブラリ。

チャンネルAPIはサーバー側から、クライアントの通信に使います。クライアントからサーバーへの通信は今までどおりのPOSTがGET HTTPリクエスト。

サーバー側

まずは、チャンネルのIDをクライアントに渡す。クライアントはそのIDを使って、 チャンネルに接続する。

channel.create_channel() に渡す user は、ユーザーだけじゃなくて、 内部的に文字列にするので、 create_channel() に渡すデータは単の文字列でも大丈夫です。

from google.appengine.ext import webapp
from google.appengine.api import channel
from django.template.loader import render_to_string

class MyHandler(BaseHandler):
    def get(self):
        user = users.get_current_user()

        # ユーザーのチャンネルを作る
        # create_channel に渡すデータは単の文字列でも大丈夫
        id = channel.create_channel(user)

        return self.response.out.write(
            render_to_string(
                "index.html",
                {"channel_id": id},
            )
        )

クライアント側の Javascript はチャンネルに接続

var channel = new goog.appengine.Channel("{{ channel_id }}");
var socket = channel.open();
socket.onopen = function() {
    window.setTimeout(function() {alert('Connected!')}, 100);
}

// メッセージのハンドラーを登録
socket.onmessage = function(evt) {
     // テキストを受けているけど、JSONがおすすめ
     // var o = JSON.parse(evt.data);
     alert(evt.data);
     // do something
}

サーバーからクライアントにメッセージを送る

from google.appengine.api import channel
from google.appengine.api import users

class AjaxHandler(BaseHandler):
    def get(self):
        user = users.get_current_user()

        # メッセージをクライアントに渡す。
        # クライアントが接続している状態が不要
        # 誰も接続してない場合は何もしない
        # ここでテキストデータを送るけど、JSONがおすすめです
        channel.send_message(user, "Hello World!!")

Channel API のドキュメント: http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/python/channel/overview.html

Always On

今までは、リクエストが少ない場合は、 Appengine のサーバーインスタンスがすべて落とされるので、 リクエストがその状態で来た時、かなりスピンアップ (サーバーインスタンスの起動)に時間かかってしまいました。 "Always On" という機能を使うと3つのインスタンスを保持してくれます。 有料ですが、 かなりスピンアップに困っている人に好調的だね。

Note

"Always On" はアクセスがあんまりこない時のみに効果があるので、自分のアプリは常にトラフィック量が高い場合、 最低3つのインスタンスを保持してもしょうがないです。3つまで下がってないからです。

スタートアップリクエスト

この機能もスピンアップにいいのですが、効果がちょっと違うので、説明します。今まで、リクエストが増えて、 スケールアウト(新しいインスタンスの起動)が必要な場合、あるリクエストが新しいインスタンスに割り当てると、 インスタンスがロードに時間かかったり、 DeadlineExceededError が出たりしました。

スタートアップリクエスト機能は、スケールアウトが必要な場合、ユーザーからのリクエストを割り当てる前に、 スタートアップリクエストをインスタンスに投げる。このリクエストで必要なモジュールを未然にロードできる ようになります。それで、最初のユーザーリクエストが来たら、より速く返せるようになります。

つまり、スタートアップリクエストがスケールアウトする時に効果があるので、 インスタンスがいくらでもあっても効果的です。

使うには、まずはメールみたいに、 inbound_servicesapp.yaml に設定します。

inbound_services:
- warmup

スタートアップリクエストが /_ah/warmup のURLに来るので、スタートアップリクエストを受けとるURLを app.yaml に設定する。

- url: /_ah/warmup.*
  script: warmup.py

warmup.py の中に、必要そうなモジュールをインポートする。

# ロードが重いモジュールを未然にロードする
import mybigmodule
import myothermodule

def main():
    print "Content-type: text/plain"
    print "OK"

タスクキュー正式リリース

今まで、 Appengine のタスクキューは Beta で google.appengine.api.labs.taskqueue に入っていたけど、 labs から卒業するので、 google.appengine.api.taskqueue に移動される。 タスクキューのデータもデータのクオータに含まれるようになります。 データクオータにひっかかるので、 ヘビーに使っている人たちはちょっと大変かもしれない。

cron/タスクキューの改善

cron とタスクキューの時間制限は今まで、30秒でしたが、10分になります。 ですが、長く実行しているcronジョブ・タスクは認識され、別インフラに移動されて、 スループット(実行頻度)が落ちるので、速くて小さいタスクが良好だと言われる。

Metadata クエリー

Appengine データストアのメタデータ、Namespace, Kind, Property をクエリすることができるようになりました。 メタデータのモデルクラスは google.appengine.ext.db.metadata モジュールに入っています。

Kind インスタンスが持っている Property の親になるので、ある KindProperty を取得するには、 ancestor() クエリができます。

from google.appengine.ext.db.metadata import Namespace, Kind, Property

for namespace in Namespace.all():
    print namespace.namespace_name

for kind in Kind.all():
    print kind.kind_name
    for property in Property.all().ancestor(kind):
        print "    %s" % property.property_name

ダウンロード

http://code.google.com/intl/en/appengine/downloads.html ではまだ出てないみたいですが、code.google.com のプロジェクトの以下のURLからダウンロードできます。